排水管の水漏れトラブルを予防するために知っておきたいこと

排水管のトラブルは色んなものがありますが、水漏れや詰まりが一般的なトラブルと言われています。なぜ水が漏れたり排水管の中が詰まってしまうのでしょうか。その原因を把握しておけば未然にトラブルを防ぐことができるかもしれません。

■排水管にダメージがある

排水管 水漏れトラブルの原因として、管自体にダメージがあるケースもあります。排水管そのものに寿命があるので劣化が原因で水のトラブルが起こることもありますが、例えば地震などによって排水管に亀裂が生じることもあります。振動によってダメージを受けるのですが、小さな地震の場合は要注意です。小さなダメージが少しずつ蓄積されて、それが大きな負荷となって亀裂ができることもあります。

■排水管を傷めてしまうNG行動

排水管は主に塩ビ管が使用されることが一般的です。プラスチック製のため錆びに強い特性を持っていますが、その反面熱には弱いです。そのため、キッチンなどで熱湯をそのまま流してしまうと排水管の内部の劣化が早くなる恐れがあります。そのため熱湯を捨てる際には冷水と一緒に流すことで温度を下げ、熱によるダメージを軽減する必要があります。また、油分の多いものは排水管内部で冷えて固まってしまうため、流してはいけません。

■まとめ
修理や工事は専門知識のある専門家でなければ対応することができません。トラブルが大きくなればそれだけ修理や工事もおおがかりになり、費用も膨らみます。そのため、トラブルに気づいたときは早めに専門業者に連絡を入れるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ